So-net無料ブログ作成
検索選択

ごあいさつ

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

使用している画像は、星の王子さまのワンシーン、
関越自動車道・上り・寄居 星の王子さまPAで撮影したものです。
星の王子さまとホメオパシー?
一見なんの関係もないものですよね。

この箱、実は、星の王子さまにとってスゴイ箱なのです。
ひつじは星の王子さまにとって、「救い」

もしかすると、あなたにとっての「救い」のきっかけとなるものに、
ホメオパシーがあるかもしれません。
前の10件 | -

鼻の奥がツーン・・・

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

先日、ご近所でこんな鼻の奥がツーン・・・とする感覚を思い起こさせる光景に遭遇しました。
小学校低学年のお子さんが、学校から帰ってきました。
数人のお友達と一緒ですが、1人だけランドセルを背負ったまま。
そこにお母様が帰ってきて・・・
お母さんの考えていた下校時間と、実際の下校時間に少しだけズレがあった模様。
一旦お家に戻ったお友達と遊ぶ約束でもしていたのか、またみんなでそろっていたので、ひとりぼっちの不安はおそらくなかったでしょう。
だけど・・・
「あれ?早かった?」
「みんな、一緒に待っていてくれたんだ、ありがとう」
とお母さん。

う、う、お友達がいる手前泣かないようにがんばっているそのお子さんの気持ちを思うと私も鼻の奥がツーン・・・としました。
っていうか、私がそういう感情をまだ持っているかもってことですね。
あの子がお家に帰って、お家にいると思ったお母さんがいなくて不安だったよね、とか、時間勘違いしちゃってごめんね、ってナデナデしてもらってワーンって泣けているといいなぁ。

初Pages。

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

出先で、ちょっとした文書作成を頼まれて…
手元にあるのはiPhoneだけ。
家帰ってから、メールでPDF送るかな?
なんて思いつつiPhoneのPagesを使ってみました。
https://appsto.re/jp/EysIv.i
わ〜、これ便利ですね。
PDF形式やWord形式でファイル送れるの。
というわけで、無事すぐに終了しました。

糸くずフィルター

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

実家の洗濯機用の糸くずフィルターを追加購入しました。
ちょっと取り扱いが面倒で、なかなか乾きにくそうなものだったので…

糸くずフィルター、洗剤投入口、使い勝手でいろいろあるんですよね〜
我が家の洗濯機、そろそろ悲鳴をあげそうなくらいがんばっているので、現物を見て予習しておかないと、です。
楽しい♪

雨のち晴れ…

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

今日の横浜は午前中は雨。
午後は太陽が顔を出してくれました。
そして、我が家の中学生、お弁当なしでお家にいるはず。
洗濯物を外に干していて、雨が降ってきたら洗濯物を取り込んでくれる中学生です。
逆はどうかな?と楽しみに帰宅してみたら、部屋干しのままでした。
ま、わかんないよね〜
晴れていても風が強いとかいろいろ条件ありますからね。
が、さてどうする?と考える人に育ってもらおう。

水ようかん、デビュー

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

体調イマイチで食欲のない次男くん。
何が食べたい?と聞くと、「プリン♡」
なるほど、とコンビニスイーツコーナーへひとっ走り。
プリンと目に入った水ようかんを買って帰りました。

次男くん、水ようかんははじめてらしく、
「水ようかん?栗ようかんは栗が入ってるんだよね?水?」
な反応(笑)
あんこ大好き次男くんは水ようかんも気に入った模様です。
あれ?もうすっかり元気なんですけど、特別食いりましたかね?という状況です。

計算ニガテ・・・

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

計算高く生きるのも得意ではありませんが、算数も得意ではなかったコドモ時代。
未だに計算がニガテです・・・
今はiPhone電卓ついてるいい時代ですね。
パソコンあれば表計算もできちゃうし。
そんなありがたみを実感する一日でした。

赤ちゃんの発熱、のたとえばなし。

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

インナーチャイルドをどうやって見つけて、どうやって向き合っていったら自分自身がラクになるのか?
というところをお伝えしたくて、たとえばなしが続きます。

迷子のたとえばなしを書きました。
よくあること、でしたか?

では、赤ちゃんの発熱のたとえばなしにうつりましょう。
赤ちゃんがはじめて発熱した、とします。
37.8℃。
これが、自分だったら、たいしたことない、寝てれば治る、で済むけれども、だいじな赤ちゃんの「はじめての」発熱。
あ、第一子と仮定しましょうね。
どうしよう、熱が出ちゃった・・・
と思っている時に、
「心配だよね、様子を見てお医者さんにみてもらおうか?」という返事をくれる人。
「それぐらい、だいじょうぶだよ、たいしたことないって」という返事をくれる人。
どう思います?
後者は、子だくさんで経験があるという人かもしれないですね。

だけど、このとき赤ちゃんの親御さんは、「はじめての」出来事に戸惑っているわけです。
未だかつて「経験したことのない」不安の渦中にいるわけです。

それを、「自分はだいじょうだったからだいじょうぶ」と言われて、あぁそうだよね、と納得できるでしょうか?
実は、インナーチャイルド癒やしの対象となる自分は、「自分史上最大の危機」にどのように対処したか?ということだと思うのです。

はじめての迷子と5回目の迷子。
3歳の自分の感じた感情と、オトナのあなたが考えるコドモの迷子。
オトナのあなたが考える迷子も、ある意味「世間」の意見ですよね。

「自分史上最大の危機」で表現しつくせなかった感情を、オトナのあなたが受けとめてあげて欲しいのです。

迷子のたとえばなし。

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

いわゆるインナーチャイルドについて、あまり理解してもらえないことも多いのでたとえばなしをします。
3歳くらいとしましょう。
買い物に行って迷子になりました。
どうしよう・・・
泣いたり、落ち込んだり、絶望したり、いろいろな感情が湧き上がってきています。

あ!お母さん
と再会を喜ぼうと思ったけれど・・・
「なにやってるのよ!(怒)」なんてところからスタートして、「もう離れるんじゃないわよ!(怒)」という展開に。

私がわるかったんだ・・・
お母さんが怒るのは私が悪かったからだ・・・
と、さっきまで泣いていたのに、もう二度と会えなかったらどうしようなんて不安にうちのめされそうになっていたのに、そんな感情を抱いたことを出すこともままならず、私=悪い子=愛される価値がない・・・くらいの飛躍をして、不安や絶望を閉じ込めているんですよね。

お母さんだって、心配で、心配で、どうしていいかわからなくなって、再会できてほっとしたのに、「世間」を気にして?ちゃんと叱らなくちゃ、とか、自分でもなんでかわかんないけど(←ここ重要)怒りの感情が出てきちゃうわけですよね。

これを、まぁよくあることだからとか、迷子なんて誰でもなったことあるよとか、そうやって一般論をかぶせてオトナになってしまうわけです。
そうやって連鎖が続いているのですよね。

もう一つのコワイこと。

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

ひとりで、がんばって、インナーチャイルドを癒やそう・・・としましょう。
たぶん、無人島だったらいいかもしれません。いや、良くないか?(笑)

だけど、今まで通りの環境で、たったひとりで取り組んだときに起こるコワイこと。
「世間」です。
何か悩み事や愚痴を口に出したとき、「会社なんてそんなものだよ」とか、「夫婦なんてそんなもの」とか。
ひどいときには、「昔はもっと大変だった・・・」とか。
壮大な昔語りに発展してしまうことも。
せっかく疼いた抑圧のフタを、よくあること・取るに足らないという釘で打ち付けるようなもんです。
ここで真摯に向き合って欲しいのは「世間」ではないのです。

気づいたあとでも・・・

箱の中には・・・ ひつじとホメオパシー
日本ホメオパシーセンター横浜井土ヶ谷のいいだともこです。

自分の思考の「クセ」に気づいたとして、そこをまず認めること。
それから、その「クセ」がつくに至った経緯を感じきること。
感情を、ですね。
だけど、ついつい、「またクセが出ちゃった、いけない、いけない」ってなっちゃうことが多い。
「クセ」が出るのが悪者になっちゃうんですよね。
そうすると、抑圧した感情が出かけているのにまた蓋をしちゃう。
もう一つコワイことがあるのです。
前の10件 | -